« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年5月

2006-05-26

某車雑誌にて

現愛車のステップ君が一番カッコ悪い車No.1になったと聞きました.
確かに購入した自分ですらフロントマスクが最悪だと思い、無限エアロで武装して
少しマシになったと感じます.
何故、カッコ悪いと思いながら購入したの?と疑問を持つでしょう.
答えは簡単です.
1.2000㏄クラスの1BOXが欲しかった
2.ノア/ボクシィは、愛知県内在り過ぎ(昔で言えばカローラみたい!!)
3.日産⇒トヨタ⇒スバルと買うたびにメーカー変えているので、ホンダ車に乗るかと思いセレナはパス.
と単純な理由です.
・・・・・・多分、次はマツダ車かな.日本メーカーが一巡すると外国メーカー!!

2006-05-21

来週辺りに釣りできたら・・・

GW明けてから、釣りに行っていません.
他に何をしているかというと、車をいじって遊んでいます.
最近、ブリスというコーティング剤を試しに買って、嫁さんのキューブに使ってみました.
結果は、かなり綺麗になり(元々汚い車だった)、ピカピカ状態にビックリ.
作業も楽だしおすすめ商品です.

2006-05-06

奇跡が・・・

5/5に入鹿池に行ってきました.
今回は、新しく購入したサングラス(ZEALとTALEXのアクションコパー)の調子を見に行きました.
(それにしても、久しぶりに釣り道具に金を掛けた)

釣果は、40~46cmの4本です.
入鹿池では、奇跡的な数ですがへたくそなサイトの結果です.
バスの動きの観察に多くの時間を割き、周りの話を聞いたことを自分なりにアレンジしながら釣りました.
苦手なサイトを克服できそうです.
あと、デジカメ忘れたので画像がありません.携帯もカメラ付では無いが残念です(仕事の関係上、カメラ付持てません・・・・)

2006-05-04

琵琶湖釣行 5/1~5/2

琵琶湖に5/1~5/2にかけて、連続釣行してきました.

<5/1 釣行記>
前回は、数釣りになってしまったので今回こそは大物狙いで行きたいと思い望んだが
風が強くなると判っていたのであまり無理せず次の日のプラを兼ねてチェック.
まずは、山ノ下沖/アクティバ沖を軽く流したがまったく反応無し.
水温は、前回より高くなっているが土日の影響が残っているのか渋い状況.
風が強くなる前に赤の井方面を見てきたが、どの船も釣れていません.
すぐに西岸へ直行.
リーズに入る前のバスを狙うことに決めて、TXで2~3mラインをひたすらずる引き.
風が強くなってきたなと思っていたら、ロッドに明確なバイト.
きっちりと合わせると47cmの♀君でした.
Img_0005
それからもTXずる引きをしていたが、小さなバイトが2回あっただけでフッキングしてくれず.
そうこうしているうちに、風が強くなり白波状態になったので12:00頃に帰港になりました・・・・・

<5/2 釣行記>
今日は、会社関係の友人を同船して出発.
友人は、南湖の東南側の葦打ちを熱望していたが、本日も風が強くなると判っていたので西岸で頑張ることに・・・・
まずは、山ノ下シャローをチェックしたが前日同様にバス居ません.
友人のシャロー攻めを観察しながら、前日の結果と今までの経験を合わせて考え2.5mラインのブレイクをミドストを思いつき、久しぶりに真面目にミドストやるから時間頂戴と同船者に言って一投目、枯れウィードに抜けた瞬間バイトがあり、きっちりと合わせて45cmをGET.その後も30cm台のバスを数本追加.
同船者がまだ葦打ちを熱望していたので、アクティバと若宮方面に向い葦打ちしましたがバイトすらなく、昼ごろから風が強くなり始めて白波状態に風を避けるように名鉄沖に逃げこみ釣りを再開.
TX、ライトリグ、クランク、ミドストなど色々と試すがバイトが無く、このまま帰ろうかと思っていたとき
JHをズル引き中にバイトがあり30cm台をGET.
もしかしたらと思い引き続き試すと、連続ヒットで30cm.
これから怒涛のヒットが続くので同船者も試すが、バイトすら無し(ワームは同じ).
相違は、JHとの重さにあった自分は強風のなか1/32ozを使用し、同船者は1/16oz.
強風の中、軽い重さでしっかりとウィードの面を引けるかが影響していたと考えられる.
この光景を見ていた周りの船も同じことを始めるが釣れるのは自分だけ.
このパターンではMAX45cmまで釣れました.
Img_0007

最後に、5/3に微熱がありダウンしました・・・・・・・・


« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

最近の写真

  • Dscf0123lll_2
  • Dscf0122pp